みすず学苑VS武田塾^^

気になりませんか? 最近、テレビCMが斬新すぎるwww  「みすず学苑」

こんにちは!

日本初!「授業をしない」塾/予備校、武田塾成城学園前校です!

あのCMや電車の中のつり広告からは、目がはなせませんよね(^◇^)

業界人だからでしょうか、頭に焼き付いてしまいます。

実際に校舎を見に行くと、まさにあのCMに近い外観!一度見に行ってみてください!

みすず学苑には5つの特徴があります! 下記の特徴から、武田塾との違いをチェックしましょう。

①怒涛の英語力 徹底した音読教育。 遅読み、早読み、高速読み、超高速読みなどのテクニック。 論理的な構文分析や、入試英語のデータ分析による、独自な長文読解法。

●武田塾では、勉強テクニックは参考書から自分で学んでいきます!

②1クラス平均20名 顔・名前・学力を把握できる! 授業で分からなければ、すぐに質問できる! 遅刻・欠席もきちんと管理!

●武田塾は完全1対1の個別カリキュラム!

③難関校合格主義 一生に一度ぐらい、死ぬほど勉強をしたという経験があっていい。 偏差値20点以内なら奇跡は起こりうる。 早稲田、慶応、東大も、1パーセントでも可能性があれば、狙おうではないか」がモットーの難関校合格主義。

●武田塾も同じく、志望校に向けて逆転合格を目指します!

④学力別クラス編成 科目ごとに学力別クラス編成あり 得意科目・不得意科目に合わせて授業をとれます!

●武田塾にはクラスはありません。  それでも生徒一人一人のレベルに合わせてやっていきます!

⑤カレッジタイムシステム 週1に個別確認。 学習内容が身についているか、他相談もOK!

●武田塾もほぼ同じ。  毎週個別チェック! できているか得点化します。

以上がみすず学苑の特徴と武田塾との違いです。

武田塾とみすず学苑の大きな違いは、授業があるかないかですね! みっちりとクラスに入って授業を聞きたいならみすず学苑は、とても良い予備校だと思います。

特に英語は、大学受験をする上で、文系理系問わず最重要科目になると思っていますので、そこに力を入れてくれているのは、とても頼もしいと思います。

ただし、自分でガシガシ勉強して、問題を解きたいなら自学自習した方が早いです。 自分に必要なのは、何なのか。

志望校に合格するためには、何をしなければならないのか。

まずは自分を見つめ直しましょう。 そして、受験勉強はすぐに始めましょう。

いかがでしたか? 参考にしてみてください。

武田塾をもっと知りたい方は!

関連記事

すべて表示
関連記事
​カテゴリー
最新記事