過去問を解く際に気をつけること


受験も大詰めを迎えている2月!

受験生の皆さんの多くが志望校の過去問を解いていることと思います

そこで私が過去問を解く際に何を意識していたかを参考にまでに紹介します!

①時間配分の確認

問題を解くスピードは人によって違うので、過去問を解きながら自分のペースを見つけていきましょう!

例えば英語を例にすると、国立の場合、英作文に時間がかかるので長文問題を解くスピードを速めたり、私大の場合では長文問題を時間内に全て解き終えることが少ないので、文法問題を速攻で終わらせるなどの作戦を私は立てていました!

②弱点の発見

大学入試の問題は傾向は似ていても、範囲はもちろん年ごとに違います!(受験生には辛いですが、、、)

しかしそれは逆に言うと、過去問を解くことで復習ができるという事です!

過去問を解きながら、苦手な範囲が見つかったらそれを埋めるという事をしてみましょう!

こういう意味では私は、過去問の点数に一喜一憂せず、最後まで気を抜かないように詰めれるところを詰めるという事を考えて過去問を活用しました!

③問題を捨てる勇気を養う

入試本番では全ての問題を解ききるということが大切です!

①で決めた自分のペースを守るためにも、ある程度のところで見切りをつけて、次の問題に行くという判断を下せるようになっておきましょう!

その方が結果的に点数も上がったりします!!

以上が私が気をつけていたことになります!

本番でパニックにならないよう過去問で十分に練習を積んで入試当日に備えましょう!!!

『無料受験相談』_______________

武田塾成城学園前校では随時無料の受験相談を行っております。 志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾成城学園前校 成城学園前の個別指導塾・予備校】 〒157-0066 東京都世田谷区成城6-6-8  成城ワタナベビル 2F 小田急線 成城学園前駅 西口 徒歩1分 TEL:03-5787-7125 FAX:03-5787-7126

アクセスはこちらから

関連記事

すべて表示
関連記事
​カテゴリー
最新記事