大学入試の仕組みについて

こんにちは!日本初!

授業をしない世田谷区の塾、

武田塾成城学園前校です!!

■大学入試の仕組みはそれぞれの大学で違う

大学入試のパターンは、まず国公立大学と私立大学のどちらを受験するかで分けられます。国公立大学への入学を希望する場合、受験生はまず「センター試験」を受験し、その後「個別能力検査(二次試験)」として「前期日程」「中期日程」「後期日程」という個別試験を受けることになります。つまり2段階の選抜方式です。

一方、私立大学に入学するには、各大学が実施する「一般入試」があり、合格すれば受験した大学への入学が可能です。また、センター試験の結果を用いて合否判定を行う「センター試験利用入試」と呼ばれる制度もあります。この場合にも、センター試験を合否判定に使う場合と、センター試験と個別試験の結果を総合して合否を判定する場合があります。

それ以外にも、推薦入試、AO入試という制度を取り入れている大学もあります。これらの入試は、国公立、私立どちらでも実施している大学があります。

●センター試験の仕組み

正式には「大学入試センター試験」といいます。国公立大学志望者は原則として受験する必要があり、大学入試の中心的な試験といえるでしょう。6教科30科目が出題され、受験生はその中から受験を希望する教科・科目を選択します。2018年度のセンター試験は1月に実施され、全問マークシートで出題されます。

試験の翌日には新聞等で解答・配点が公表されます。受験生は自己採点を行い、実際に志望する大学に願書を提出します。センター試験の結果だけでは、国公立大学に入学できません。次の「個別学力検査(二次試験)」を受験する必要があります。

●個別学力検査(二次試験)の仕組み

センター試験を受験し、実際に志願する大学に願書を提出した後に受験する「二次試験」です。国公立大学では、センター試験とこの「個別学力検査(二次試験)」の結果により合否判定を行います。

この試験は、国公立大学において「分離・分割方式」という制度で実施される試験で、いわゆる「前期」、「後期」というものです。一つの大学の学部(学科)で定めた定員を「前期日程」、「後期日程」に振り分け、それぞれの日程に実施した試験から合格者を選抜します。

例えば全体で定員100人の大学で、前期50人、後期50人と定めるとします。そして前期日程で受験した学生から50人、後期日程で受験した学生から50人を合格とするわけです。

受験生は、一つの大学を2回受験することも、各日程で別の大学を受けることもできます。また、一部の公立大学(日本全国で14校)では「中期日程」の試験を実施しており、最大で3校の国公立大学を受験できます。

このシステムで重要なのは、前期日程で受験した大学に合格し、その大学に入学手続きをした場合、それ以降の中期・後期で出願した大学の合格対象からは外されるということです。このため、第一志望の大学は前期日程で受験し、合格した場合には他の大学は受験しない、というのが一般的です。

実際のところ、定員の配分は前期日程の合格者が8割近くを占めるように設定されており、実質的には前期日程を中心に募集しているということになります。

個別学力検査(二次試験)の定員をどのように分割するかは大学によって異なり、前期日程のみで募集を行うような大学もありますので、受験したい大学の試験の日程はしっかり調べておきましょう。

『無料受験相談』_______________ 武田塾成城学園前校では随時無料の受験相談を行っております。志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。【武田塾成城学園前校 成城学園前の個別指導塾・予備校】

〒157-0066東京都世田谷区成城6-6-8 成城ワタナベビル 2F

小田急線 成城学園前駅 西口 徒歩1分

TEL:03-5787-7125

FAX:03-5787-7126

関連記事
​カテゴリー
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ブログ記事
   専門分野

 

 

参考書の選択

・国公立大学受験対策

慶応大学受験対策

早稲田大学受験対策

GMARCH受験対策

・日東駒専大学受験対策

・その他大学受験対策

  • w-facebook
  • Twitter Clean

日本初!授業をしない予備校

武田塾 成城学園前校

まずは無料でご相談くだい

東京都世田谷区成城6-6-8

TEL: 03-5787-7125
FAX: 03-5787-7126 

​※ 小田急線 成城学園前駅西口 徒歩1分

ソーシャルメディア:

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon