入試で調査書って何のために出すの?

こんにちは!

日本初!「授業をしない」塾/予備校、武田塾成城学園前校です!

大学受験をするために必要な、調査書というものがあります。

これは自分が通っている高校、既卒の人は通っていた高校からもらわなければなりません。

ここで疑問に思うのが、この調査書によって大学入試の合否が変わるのか?ということです。

皆さん高校受験をした時は、推薦はもちろん一般入試でも内申点は大きく関わったはずです。

でも、大学入試ではその内申点がどのように関わるのか分からないという人が多いでしょう。

今回は、調査書が大学入試にどのように関わるかをご紹介します。

◆推薦入試はもちろん関係する!

推薦入試は大学の場合でも、高校の成績・面接・小論文などで合否を決めます。

筆記試験がない場合も多く、すなわち高校の成績が基準とされます。

そもそも指定校推薦は、学校の中で選抜されるので成績上位者でなければなりません!

自己推薦でも、高校での成績が判断材料にされます。

つまり、推薦を考えているなら高校の成績はとても大切になるということですね。

また、最初は推薦を考えておらず学校の勉強をおろそかにしてしまっていた生徒も

受験が近づき勉強が間に合わないと焦ると推薦を狙っておけば良かったと後悔する人もいます。

また、例え推薦で不合格となってももう一度その学校に一般入試で挑戦することもできます。

チャンスが多くなるという点においては、推薦も視野に入れておくべきでしょう!

◆一般入試では成績は関係あるの?

一般入試は入試で出題されるテストの点数により合否が決まるものです。

その為、学校の成績が考慮されるということはありません。

これは高校の入試と少し違うところですね。

大学においては、国公立・私立に関係なく試験の一発勝負になります。

高校の成績があまり良くないという生徒は、この入試にかけなければなりません!

◆調査書は何のために提出するのか?

調査書は18歳以上であるか確認の為の書類と考えましょう!

つまり、大学入試を受ける資格があるかどうかの証明書のようなものです。

資格があるか証明されていると分かれば、細かな成績が入試に関係することはほぼありません。

成績が考慮されない理由は、大学受験は高校受験と規模が違うということが挙げられます。

例えば、一つの学部受験者が1万人以上いるとします。 処理できる人間は40人程です。

試験の採点は数日でやらなければなりません。

さらにそれを合否に分け、発表の準備と…めっちゃ忙しいのです(;´・ω・)

簡単に言ってしまうと、膨大な試験の結果にプラスして一人ひとりの成績表なんて確認してられないわけですね。

このような理由から、大学の一般入試において調査書の成績はほぼ関係ないといえます。

◆大学によっては調査書も関係する!?

ここまで言っておいて、関係する大学もあるのかよ! とツッコまれるかもしれまん。

しかし、今や多くの大学・学部そして入試形式があります。

それは年々変わっているので、志望校の最新の情報は常にチェックしておくべきす。

これはHPなどを見ればすぐに分かるはずなので、受ける大学はしっかりチェックしおきましょう。

情報は武器です!

◆内申書が悪すぎると不合格になる場合がある!?

調査書は証明書としての役割がないといっても、大学によって入学に値するかはやはりチェックしたいものです。

あまりにも欠席が多い、内申で1が多い…などあまりにも目立つものがある場合は注意が必要です。

試験で同じ点数が複数いた場合、やはり定員があるのでどちらかを不合格にしなければなりません。

その時の判断材料に使われてしまう場合もあるので、やはり高校生活は気を付けるべきです!

◆最後に

選択肢を増やすためにも、やはりできることはしておくべきです。

当初の予定とかわり、推薦で大学受験を終わらせたいと考えることはとても多いです。

また、高校の勉強をあまりにも放置していると留年という結果を招きます。

高校に進学したばかりの人には注意が必要ですが、中学と違って義務教育ではないので

その学校の基準を下回ってしまうと本当に留年しますよ! 留年とは、もう一年同じ学年をやり直すということです。

学校によって基準は異なるので、よく確認してしっかり高校生活を送りましょう!

武田塾は基本的に自学自習を薦めていますが、管理をしてくれる講師の力はとても大きく見えます。

成城学園前校の特訓でも、講師から動機づけされて点数が上がっている塾生がとても多いです。

少し悩み相談もできますし(^-^)

誰かを見返したいと考えている塾生もたくさんいます。

友達から絶対にお前は受からないと言われたから。

先生にお前には無理と言われたから。

合格して見返すとはりきっています( `ー´)ノ

もし、一人で悩んでいる人は一度受験相談に来てみてください。

いつでもお待ちしてます☆

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

【無料受験相談実施中!!】

無料の受験相談だけで志望校に合格した方もいらっしゃいます!

『無料受験相談』

武田塾成城学園前校では随時無料の受験相談を行っております。 志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾成城学園前校 成城学園前の個別指導塾・予備校】 〒157-0066 東京都世田谷区成城6-6-8  成城ワタナベビル 2F 小田急線 成城学園前駅 西口 徒歩1分 TEL:03-5787-7125 FAX:03-5787-7126

http://www.takeda.tv/seijougakuen/#contact

Tags:

関連記事
​カテゴリー
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
ブログ記事
   専門分野

 

 

参考書の選択

・国公立大学受験対策

慶応大学受験対策

早稲田大学受験対策

GMARCH受験対策

・日東駒専大学受験対策

・その他大学受験対策

  • w-facebook
  • Twitter Clean

日本初!授業をしない予備校

武田塾 成城学園前校

まずは無料でご相談くだい

東京都世田谷区成城6-6-8

TEL: 03-5787-7125
FAX: 03-5787-7126 

​※ 小田急線 成城学園前駅西口 徒歩1分

ソーシャルメディア:

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon