【参考書比較:数学】「基礎問題精講」と「黄色チャート」


受験相談の内容でも多いのが、

「この参考書(問題集)で勉強を進めて大丈夫ですか?」

というものです。

確かに、すごく悩みますよねぇ。自分が進めていた参考書があんまり意味ないものだったら、ショックどころか受験にかなり不利になっちゃうと思いますよね。

参考書にも様々な種類やレベルがあるので、「どれを選べばいいんだろう」というのも悩むポイントですね。

今日は、武田塾の数学のルートに採用されている「基礎問題精講」と「チャート式(黄色)」の比較をしていこうと思います。

まずは、それぞれのデータからまとめます。

【例題の数】

・基礎問題精講1A…135問

・黄色チャート1A…262問

・基礎問題精講2B…167問

・黄色チャート2B…361問

・基礎問題精講3…125問

・黄色チャート3…238問

基礎問3冊より黄色チャート3冊だと例題の数が2倍くらい多いことになります。

ちなみに、武田塾のカリキュラムは基本的には受験学年から勉強をスタートさせた場合を想定して作られており、「基礎問題精講」に関しては、

『1A→3週間』 『2B→4週間』 『3→4週間』の合計11週間(3カ月弱)で完了させるようになっています。

ちなみに、基礎問を終わらせるペースで黄色チャートを進めた場合、それぞれが終了するのに要する時間は、

『1A→6週間』 『2B→9週間』 『3→8週間』合計23週間(6カ月弱)で完了となります。

6か月って半年ですよね?4月に始めたら9月末までかかりますよね?

もう過去問とかやり始めよっかなーっ、て時期までかかる、と考えると、どうですか?ちょっと「受験学年向け」とは言いづらいですよね。受験までにやった問題集が「黄色チャートだけ」って、皆さんはどう感じますか?

もちろん、黄色チャートは同レベルの基本問題から発展問題までバリエーションが豊富ですが、問題集に収録される問題のレベル差はほとんどありません。解説に関しても、個人的な感じ方に違いがあるとは思いますが、黄色チャートの方は「わかってる前提」で解説が書いてあるように思います。

結論としては、

時間がある人、かつ正解率が高い人は「黄色チャート」がオススメ!

短時間で入試出題レベルを終わらせたい人は「基礎問題精講」がオススメ!

です!

参考にしてみて下さい!

『無料受験相談』_______________

武田塾成城学園前校では随時無料の受験相談を行っております。 志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、

どんな内容でも個別に対応致します!

【武田塾成城学園前校 成城学園前の個別指導塾・予備校】

〒157-0066 東京都世田谷区成城6-6-8  成城ワタナベビル 2F 小田急線 成城学園前駅 西口 徒歩1分

TEL:03-5787-7125 FAX:03-5787-7126

http://www.takeda.tv/seijougakuen/#contact

関連記事

すべて表示
関連記事
​カテゴリー
最新記事