入学願書の写真について

はじめまして!

日本初!授業をしない世田谷の塾!

武田塾成城学園前校です!!!

今回は受験を控えて、願書を出す際に気をつけたい写真について書いてみたいと思います。

たかが写真。されど写真です。細かい点かもしれませんが注意しておく点をまとめました。

【入試形態によっては非常に重要】

受験が一般入試で面接が無いとうのであればこの項目は飛ばしてもらって構いません。

もし推薦入試やAO入試を考えているなら、写真は非常に重要になってきます。

これらの入試の場合、学力以外に人間性・人物像も合否を分ける点に入ってきます。

もし、写真の印象が悪ければ、当然試験官にも良い印象を与えることができません。

面接での印象が大事になってきますが、写真があまりにもふざけていると不合格になりかねないと思います。

【写真に適した服装とは】

受験用写真は基本的には私服で撮影するべきです。なぜなら、そのまま学生証の写真に転用される可能性があるからです。

もし大学の学生証に高校の学ランやセーラー服を着た写真が使われたら、他人に見せるのが恥ずかしくなると思います。

なので、清潔感ある私服で撮りましょう。白っぽいシャツに、落ち着いた色のジャケットが無難だと思います。

制服がジャケットであるならそれを活用しても良いと思いますし、入学式用にスーツを用意しているのならそれを活用するべきでしょう。

【髪型やメイクも注意を】

髪型も清潔感ある髪型を心がけましょう。模試伸びているのなら美容室に行ってみ自覚してから写真を撮りましょう。顔全体が見えるよう印象の良い写真にしましょう。

メガネを普段使っているならそれも注意しましょう。願書の注意書きに『メガネ着用者は必ずメガネを着用した写真を添付すること』などの注意書きがされている場合があります。

変なところでケチが付かないよう、注意しましょう。

女性の場合はメイクも注意が必要です。まずこうこう3年生が派手なメイクをするのは不自然です。万が一気合を入れたメイクをし、面接がある場合当日時間が無く、写真と同様のメイクができなかった場合、面接官に他人ではと思われるかもしれません。

メイクをするならごく薄いメイクで、落ち着いた印象を与えるようにしましょう。

【撮影するならどこで撮影するべきか】

写真を撮るなら大きく分けてスピード写真と写真屋さんの2つに分かれると思います。

スピード写真のメリットは手軽さと安さでしょう。しかし、顔の向きや表情など、自分で調整する必要があり、なかなか思うような仕上がりは望めません。しかも取り直しにはまたお金がかかってしまいます。

その点写真屋さんで撮ってもらうと、顔の向きや表情は細かい指示をくれます。その上何パターンか撮ってもらえ、その中から好きな物を選んで現像してくれます。

一般入試のみで写真にこだわりが無いというのであれば良いのですが、推薦やAO入試の場合は写真屋さんに取ってもらう方をおすすめします。

いかがでしたでしょうか。

写真は、自分の4年間の証明写真になるかもしれません。細かいかもしれませんが、注意を払って写真を撮ることをおすすめします。

無料受験相談_______________

武田塾成城学園前校では随時無料の受験相談を行っております。 志望校選び 、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾成城学園前校 成城学園前の個別指導塾・予備校】 〒157-0066 東京都世田谷区成城6-6-8  成城ワタナベビル 2F 小田急線 成城学園前駅 西口 徒歩1分 TEL:03-5787-7125 FAX:03-5787-7126

関連記事

すべて表示
関連記事
​カテゴリー
最新記事