早稲田大学攻略法 武田塾 成城学園前校

日本初!授業をしない世田谷区の塾、武田塾成城学園前校です。

受験相談に来てくれる人で共通している悩みがあります。


ズバリ! 自分の偏差値と志望校の偏差値との差です
わざわざ受験相談に来てくれるということは、入れる大学ならどこでも良いわけでなく目指している大学がありますよね。


せめてGMARCHまでには入りたい!
でも、第一志望は早慶なんです……。という人がとても多いです。
理由はさまざまですが、明確な目標があるのは良いことです。
しかし、現状の自分と志望校との差をどのように埋めていけば良いか分からないと辛いですよね。

日本初!授業をしない世田谷区の塾、武田塾成城学園前校です。

受験相談に来てくれる人で共通している悩みがあります。


ズバリ! 自分の偏差値と志望校の偏差値との差です
わざわざ受験相談に来てくれるということは、入れる大学ならどこでも良いわけでなく目指している大学がありますよね。


せめてGMARCHまでには入りたい!
でも、第一志望は早慶なんです……。という人がとても多いです。
理由はさまざまですが、明確な目標があるのは良いことです。
しかし、現状の自分と志望校との差をどのように埋めていけば良いか分からないと辛いですよね。

完全版!早稲田大学科目別対策

早稲田大学の入試は、同じ科目でも学部ごとに出題傾向が異なります。ここでは、科目別の入試傾向と対策を解説しています。早稲田大学合格レベルに達するために、まず取り組むべき参考書・対策をご紹介します。

早稲田大学 学部別 攻略法!

早稲田大学の入試は、同じ科目でも学部ごとに出題傾向が異なります。ここでは、学部別の入試傾向と対策を解説しています。早稲田大学の各学部の合格レベルに達するために完璧にしたい参考書・対策をご紹介します。

早稲田大学 政治経済学部

政治経済学部の基本情報

試験時間60分 配点70/230

大問の構成(2014年度参考)

1.政治問題
2.政治問題
3.経済問題
4.経済問題


※年度による変化あり

傾向

選択・記述形式の併用による解答が大半で、その割合もおおよそ1:1となっており、受験生にとっては、比較的解答のしやすい構成となっている。
 09年以降は、標準的な設問の割合が増え、受験生が取り組みやすい内容となっている。また、時事問題の出題ウエイトが高く、大問の中に時事的知識を必要とする設問が部分的に組み込まれるというパターンが多い。近年は身近なテーマを中心とした出題が目立ち、早稲田大学の他学部と同様に、時事問題を出題する傾向は今後一層強まると考えられる。


 政治分野の出題に関しては、憲法の知識はもちろん必須であるが、憲法を直接問うのではなく、他の分野と関連させた設問もありうる。いずれにせよ、日本国憲法の前文や主要条文は完全にマスターしておくことが必要である。大日本国帝国憲法(明治憲法)との比較が重要である。明治期における日本の政治の特徴やヨーロッパから導入した政治思想、早稲田大学創立者の大隈重信を中心にした政党や思想家などにも注意を要する。


 社会契約論を中心としてその前後の主要な政治思想、および民主政治の発展の歴史条件などについても正確で総合的な理解が要求される。特に政治思想史は、かなり高度な知識が求められた年度もあった。


 さらに必須といえるのは、主要国の統治機構に関する細かい知識である。アメリカ・イギリス・フランス・ドイツなどの統治機構に関する細かい問題が出題されたこともあり、マークすべきである。選挙制度に関する問題もよく出題されるのできちんと整理しておこう。さらに、近年では、世界の政治の流れが急速に変化していることから、時事問題への関心の有無も問われている。したがって、新聞を毎日読む週間も必要である。日頃から新聞に目を通しているか否かで、知識量が大きく違ってくる。毎日10分間でも新聞を読む週間をつけてもらいたい。


 経済理論の問題は、市場機構(ミクロ経済学)に関するものとマクロ経済学に関する出題の2種類が代表的である。かつては基本用語を空欄に入れる形式の問題が頻出だったが、近年は、現実の経済現象と経済理論を結びつけて、経済的な思考力を問う問題も見られる。日本経済に関しては、第二次世界大戦後の経済史も出題されるが、時事的な問題の理論的側面の理解も要求される。また、日本の経済成長の要因とそこから派生する問題に関する出題も頻出である。

合格最低点・受験動向

【早稲田大学 政治経済学部 政治学科】
入試方式は、英・国・地歴公数(日本史・世界史・政治経済・数学ⅠⅡAB)です。
配点は英:90点 国:70点 地歴公数:70点 の230点満点です。
次に入試動向です。


(志願者)2156人(受験者)1922人(合格者)305人
そして実質倍率は6.3倍、合格最低点は160.5点(230点満点 69.8%)です。
 
【早稲田大学 政治経済学部 経済学科】
入試方式は、英・国・地歴公数(日本史・世界史・政治経済・数学ⅠⅡAB)です。
配点は英:90点 国:70点 地歴公数:70点 の230点満点です。
次に入試動向です。
(志願者)3478人(受験者)2989人(合格者)412人
そして実質倍率は7.3倍、合格最低点は160.5点(230点満点 69.8%)です。
 
【早稲田大学 政治経済学部 国際政治経済学科】

入試方式は、英・国・地歴公数(日本史・世界史・政治経済・数学ⅠⅡAB)です。
配点は英:90点 国:70点 地歴公数:70点 の230点満点です。
次に入試動向です。
(志願者)1254人(受験者)1093人(合格者)115人
そして実質倍率は9.5倍、合格最低点は160.5点(230点満点 69.8%)です。
 

英語対策・勉強法・参考書ルート

国語対策・勉強法・参考書ルート

数学対策・勉強法・参考書ルート

日本史対策・勉強法・参考書ルート

世界史対策・勉強法・参考書ルート

政治・経済対策・勉強法・参考書ルート

早稲田大学 教育学部|文系

教育学部文科系政治経済の基本情報

試験時間60分、配点50/150

大問の構成(2014年度参考)

筆記
1.政治問題
2.政治問題
3.経済問題
4.経済問題
※年度による変化あり

傾向

近年の出題は、語句や国名を選択させる問題が中心となっており、文章を選択させる問題が少ない上、論述形式の問題が出題されていないため、60分の試験時間内に十分解答出来るものと考えられる。


設問の出題形式は、例年、記述式の空欄補充問題が中心である。例年、政治・経済の各分野からバランスよく出題されており、13年度も政治分野が2題、経済分野が2題であった。近年の出題の内容上の特徴を見ると、やや難解な語句、現代史の理解が必要な内容、時事的な設問などもいくつか見受けられたが、全体としては基本事項に関する設問が中心である。


政治分野では、日本国憲法の正確な理解を問う問題や、重要な歴史的文書に関する出題が近年は少なくなかったが、同時多発テロ以降時事的な出題が増えている。時事的な関心の有無によって得点の差がつく問題であった。


経済分野では、経済理論からの出題が多い。毎年コンスタントに出題されている。また、国際経済からの出題も少なくなく、経済分野の正確な理解が求められている。先に述べたように、日本史・世界史の近現代史に近い細かな知識が出題されることもある。20世紀前半の経済史についての知識を問うている。


早稲田大学の他学部と同様、時事的知識も頻繁に問われている。近年の日本と世界の政治の動向が出題され、日本の政治に重点を写しながらもこの傾向は継続している。従来の出題をみると、国際政治に関する難問が多い。その他の分野では、標準的なレベルの出題が少なくないが、時事的知識が多く出題されるため、難易度の高い設問もある。

 合格最低点・受験動向
【早稲田大学 教育学部 教育学科 教育学専攻 教育学専修】
入試方式は、英・国・社会1科目(日本史・世界史・地理・政治経済)です。
配点は各50点で150点満点です。
次に入試動向です。
(志願者)871人(受験者)809人(合格者)154人
そして実質倍率は5.3倍、合格最低点は91.5点(150点満点 61.0%)です。
 
【早稲田大学 教育学部 教育学科 教育学専攻 生涯教育学専修】
入試方式は、英・国・社会1科目(日本史・世界史・地理・政治経済)です。
配点は各50点で150点満点です。
次に入試動向です。
(志願者)1088人(受験者)1019人(合格者)142人
そして実質倍率は7.2倍、合格最低点は90.5点(150点満点 60.3%)です。
 
【早稲田大学 教育学部 教育学科 教育学専攻 教育心理学専修】
入試方式は、英・国・社会1科目(日本史・世界史・地理・政治経済)です。
配点は各50点で150点満点です。
次に入試動向です。
(志願者)540人(受験者)494人(合格者)80人
そして実質倍率は6.2倍、合格最低点は94.5点(150点満点 63%)です。
 
【早稲田大学 教育学部 教育学科 初等教育学専攻 文科系・理科系】

入試方式は文科系は、英・国・社会1科目(日本史・世界史・地理・政治経済)
理科系は、英・数・理科1科目(物理・化学・生物・地学)です。
配点は各50点で150点満点です。
次に入試動向です。
(志願者)518人(受験者)480人(合格者)48人
そして実質倍率は10.0倍、合格最低点は91.5点(150点満点 61%)です。
 
【早稲田大学 教育学部 国語国文学科】

入試方式は、英・国・社会1科目(日本史・世界史・地理・政治経済)です。
配点は各50点も、国語のみ得点を1.5倍するので175点満点です。
次に入試動向です。
(志願者)1442人(受験者)1365人(合格者)292人
そして実質倍率は4.7倍、合格最低点は103.5点(175点満点 59.1%)です。
なお合格基準点が設定されており、
国語は国語国文学科の全受験者平均点を満たす必要があります。
 
【早稲田大学 教育学部 英語英文学科】
入試方式は、英・国・社会1科目(日本史・世界史・地理・政治経済)です。
配点は各50点も、英語のみ得点を1.5倍するので175点満点です。
次に入試動向です。
(志願者)1679人(受験者)1561人(合格者)310人
そして実質倍率は4.4倍、合格最低点は106.5点(175点満点 60.8%)です。
なお合格基準点が設定されており、
英語は英語英文学科の全受験者平均点を満たす必要があります。
 
【早稲田大学 教育学部 社会科 地理歴史専修】
入試方式は、英・国・社会1科目(日本史・世界史・地理・政治経済)です。
配点は各50点150点満点です。
次に入試動向です。
(志願者)1536人(受験者)1422人(合格者)264人
そして実質倍率は5.4倍、合格最低点は95.5点(150点満点 63.6%)です。
 
【早稲田大学 教育学部 社会科 社会科学専修】
入試方式は、英・国・社会1科目(日本史・世界史・地理・政治経済)です。
配点は各50点150点満点です。
次に入試動向です。
(志願者)2166人(受験者)2054人(合格者)397人
そして実質倍率は5.2倍、合格最低点は93.5点(150点満点 62.3%)です。
 
【早稲田大学 教育学部 複合文化学科 文科系・理科系】

入試方式は、文科系は英・国・社会1科目(日本史・世界史・地理・政治経済)、
理科系は、英・数・理科1科目(物理・化学・生物・地学)です。
配点は各50点も、英語のみ得点を1.5倍するので175点満点です。
次に入試動向です。
(志願者)923人(受験者)866人(合格者)167人
そして実質倍率は4.3倍、合格最低点は105.5点(175点満点 60.2%)です。

 
英語対策・勉強法・参考書ルート

国語対策・勉強法・参考書ルート

日本史対策・勉強法・参考書ルート

世界史対策・勉強法・参考書ルート

政治・経済対策・勉強法・参考書ルート

早稲田大学 スポーツ科学部

早稲田大学の中では偏差値が低いため、難易度もそれだけ下がることになりますが、かといって簡単に受かるわけではありません。
マーチと同レベルという点もマーチ上位と下位では結構違いますからね。早稲田大学はどちらになるのか?というと、少なくともマーチ下位ではないですねマーチ下位は偏差値だと57,8くらいでしょうから。マーチ上位の偏差値は62,3くらいでしょうか?
中央大学法学部はちょっと例外だとしても、最上位の学部はそれくらいになると思います。
だから、客観的に見たら立教大学や明治大学に受かる難易度に等しいという状況でしょう。だから、かなり難しいですよ。1番良いのは過去問をやってほしいと思います。赤本をやると分かるはずです。
 
早稲田志望で最上位の学部を目指している方にとっては、ちょっと簡単に感じる部分もあるかもしれませんが、それでも難しいでしょう。最上位の学部は偏差値で66,7くらいありますから、そういった学部と比べるとやはり差があります。でも、問題の傾向などで相性もあるので、一概に早稲田大学スポーツ科学部の難易度を語るのは難しいですけどね。
​それでは、スポーツ科学部の各試験科目についての攻略法です!
早稲田大学 スポーツ科学部を参考書で合格
早稲田大学 スポーツ科学部 現代文攻略法
早稲田大学 スポーツ科学部 小論文攻略法
早稲田大学 スポーツ科学部 英語攻略法
早稲田大学 スポーツ科学部 数学攻略法
早稲田大学 スポーツ科学部 古文・漢文攻略法

武田塾は基本的に自学自習を薦めていますが、管理をしてくれる講師の力はとても大きく見えます。

成城学園前校の特訓でも、講師から動機づけされて点数が上がっている塾生がとても多いです。

少し悩み相談もできますし(^-^)

誰かを見返したいと考えている塾生もたくさんいます。

友達から絶対にお前は受からないと言われたから。

先生にお前には無理と言われたから。

合格して見返すとはりきっています( `ー´)ノ

もし、一人で悩んでいる人は一度受験相談に来てみてください。

いつでもお待ちしてます☆

ブログ記事
   専門分野

 

 

参考書の選択

・国公立大学受験対策

慶応大学受験対策

早稲田大学受験対策

GMARCH受験対策

・日東駒専大学受験対策

・その他大学受験対策

  • w-facebook
  • Twitter Clean

日本初!授業をしない予備校

武田塾 成城学園前校

まずは無料でご相談くだい

東京都世田谷区成城6-6-8

TEL: 03-5787-7125
FAX: 03-5787-7126 

​※ 小田急線 成城学園前駅西口 徒歩1分

ソーシャルメディア:

  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon