AIと藤井聡太、ついに神の一手!!

こんにちは!日本初!

授業をしない世田谷区の塾!

武田塾成城学園前校です!!!

今回は勉強にあまり関係ないことです(笑)

しかも、ちょっと前の話になってしまいます、、スミマセン泣

皆さん大好き、将棋の藤井聡太七段が

ついに神の一手と呼ばれる

最善手を指しました!!!

将棋は、近年AIを導入した将棋ソフトが

異常なスピードで強くなっています。

昨年、将棋ソフト「ponanza」と

将棋界最強の名人「佐藤天彦」さんが対決し、

ソフトが快勝しました。

もはや、その時点で人間の最強がソフトに敗れたことになるので、

人間よりもソフトのほうが強いというのが、

将棋界では当たり前になっています。

これは、あらゆるプロ棋士の共通認識で、

プロ間の対局もソフトで解析するような時代です。

将棋の序盤は、まだまだいろんな可能性があり、

ソフトよりも人間のほうが有利なところもあると

考えられてもいますが、

終盤戦になると、

相手の玉を捕まえるという分かりやすい目標があり、

可能性が狭いので、ソフトがほぼ100%正確に指せて、

人間は到底及ばないのが普通でした。

プロ棋士も終盤で最善手がわからなければ

ソフトに聞けばいいと思っていたのですが、

藤井聡太七段がソフトをも超える神の一手を指して、

大変話題になりました。

藤井聡太七段は、石田五段との対局の終盤戦で、

自分の飛車を捨てて相手の歩をとるという手を指しました。

この手は、ソフトすら読んでいなかった手なのにもかかわらず、

それを藤井聡太七段はノータイムで指したそうです。

恐ろしい強さですね(笑)

それを見ていた他のプロ棋士たちも神の一手と絶賛し、

まさにマンガのような展開で、そこから逆転勝ちを収めました。

その対局を振り返っていった藤井聡太七段の言葉が

とても高校1年生とは思えないハッとさせるものだったので、

載せておきます。

「人間であれば、条件を整理し、条件に沿った手を考えていく。その中で導き出した手でした。現状、ソフトが大変強いことは言うまでもないことですけれども、部分的には人間のほうが深く読める局面もあると考えていたので、それが現れたのかなと思います。」

藤井聡太七段はAIよりも人間のほうが深く読める時があると

言っています。

藤井さんは、将棋のことについていったにすぎませんが、

これからAIが社会に浸透していくなかで、

私達人間全体にとって意味のある言葉のように感じました。

これからの時代人間のやるべきことは

何かを今一度考えさせられますね。

いや、とても高校生とは思えません(笑)

今後がどうなっていくのか非常に楽しみですね。

それでは、今回はこれくらいにして、終わりにしたいと思います。

勉強に関係ないことですみませんでした(笑)

無料受験相談_______________

武田塾成城学園前校では随時無料の受験相談を行っております。 志望校選び、正しい勉強方法、偏差値を上げる方法、将来のこと、どんな内容でも個別に対応いたしております。

【武田塾成城学園前校 成城学園前の個別指導塾・予備校】 〒157-0066 東京都世田谷区成城6-6-8  成城ワタナベビル 2F 小田急線 成城学園前駅 西口 徒歩1分 TEL:03-5787-7125 FAX:03-5787-7126

アクセスはこちらから!

関連記事

すべて表示
関連記事
​カテゴリー
最新記事